トップページ > 社長の小ネタ集
世界遺産・法隆寺に行ってきた!

日本最初の世界遺産、「奈良・法隆寺」に、行って来ました。

視察研修で、最先端の建築技術施設「積水ハウス総合住宅研究所」を見学し、

奈良公園内の「茶亭ゆうすい」で(つくりたてワラビ餅)を食べた。もちもち感あり美味しかった。茶飯セットは、ほうじ茶で炊いたご飯、ごま豆腐、奈良漬け(あっさりして、浅漬けみたい)で、あまりに美味しいから、奈良漬けだけ、おかわりと皆が、絶賛した。

多分、お店の手作りだろう。静かで落ち着くのは、歳とってきて、感じかたが変わったからと、感じた。

そして、「法隆寺」に着いて、観光ボランティアガイドさんに、案内してもらった。

総勢、100人いると言うことです。

「世界最古の木造建築」で、推古15年(西暦607年)、推古天皇と聖徳太子が建てたということです。約1400年の日本のお宝です。仏像など国宝、ばかりでした。

以前から見たかった「玉虫逗子」を見て感動した。玉虫のキラキラした羽が当時すばらしかったが、今は、懐中電灯で照らしてくれてキラリ一部光った。写真で見たら小さいけど、本物は、約2m有り、黒ずんでた。そして、特別展示品で、聖徳太子の宝剣と言われている「七星剣」が有り、感激した。

本物は、やはり、存在感有り、すばらしい。

また、じっくり奈良を訪れたい。

 

 

 

 

日本遺産

先日、新聞に、淡路島が「日本遺産」に登録されたと載ってました。

国生み伝説の「イザナギ神宮」、卑弥呼の鏡「三角縁神獣鏡」

、兵庫県唯一の天皇陵「淳仁天皇陵」、古代の製鉄所跡「五斗長垣内遺跡」、国内初の舌「松帆銅鐸」、海人族伝説、平家の落人伝説、古代ユダヤ遺跡など、まさに歴史マニアの注目の的です。

今後、写真、資料を随時のせていきます。ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

パディントンの好物・マーマレード

マーマレードのルーツを調べた。

スペインのセビリア産「セビルオレンジ」が、イギリスで嵐にあい、出荷できず困ったのを、キーラー氏が、安く買った。

しかし、皮が苦く、生では、食べにくい種類だったので、当時貴重な砂糖で炊いたのが、始まりと言われています。

英国の伝統的朝食「イングリッシュ・ブレックファースト」にかかせない、朝の味。

少し苦みのある甘い味で元気な1日をスタートする。

毎年1月下旬に、大量のオレンジを買い込み、1年分を手作りするくらい英国で、家族の味らしい。

今公開中の映画「パディントン」という熊の主人公が、マーマレードが好物という設定です。

当社の「鳴門オレンジマーマーレード」も、皮に苦みがあり、原型に近い味らしい。

戦後、知人がGHQの高官に「鳴門オレンジのマーマレード」を食べてもらったら、アメリカのマーマレードよりも美味しいと絶賛したと、後日手紙をいただきました。

最近、親戚から、「フォートナム・アンド・メイソン社」のビンテージマーマレードをもらって食べたら、当社のに近い味でした。

新マーアレード

 

 

 

新発売、ローストオニオンディップ!

淡路島産ローストオニオンの粉末を使用し、マヨネーズタイプの甘口
ディップソース。
香ばしい玉ねぎの風味が好評。
淡路島産の卵を使ったマヨネーズと淡路島産の藻塩を加えました。
きゅうり、人参、キャベツなどの生野菜、じゃがいも、ブロッコリーなどの温野菜、ハム、ソーセージなどの「ちょっとつけて」食べてください。
食パンにぬって、チーズなどのせたらピザ風になります。
お好みで、いろいろ試して下さい。
ディップ、ビン.BMP ディップ、トースト.BMP

淡路島のパワースポット1、妙勝寺

「淡路島のパワースポット1」、東浦町の「世界大観音像」の近くに、「妙勝寺」というお寺があります。
ここは、建武3年、1336年「足利尊氏」が京都から九州に落ち延びる途中、釜口沖に風待ちのため船を泊めていた時(おそらく、帆船)、山上の灯火を見て、この寺を訪ねた。
「妙勝寺」と聞き、軍勝利の前兆なりと喜び、「太刀」を寄進し、必勝を祈願した。
その後、100日足らずで形成逆転、湊川(神戸市)の大勝となり、「室町幕府」を開き、天下人となったと伝えられる、尊氏の隠れ寺。
この寺の寺紋に、足利氏の家紋を許した。
「開運祈願」、「合格祈願」に多くの人が訪れてます。
淡路島最古の江戸初期の池泉観賞式庭園があり、昭和55年3月25日に「県指定文化財」に指定されています。
 1336年尊氏の家臣が、植えた「大クスノキ」が樹齢、約600年になり、県指定文化財に指定されています。
妙勝寺1.BMP 妙勝寺2.BMP
妙勝寺3.BMP 妙勝寺4.BMP
妙勝寺5.BMP 妙勝寺6.BMP

阿波踊り!

久しぶりに、ブログします。
今年も、後輩のN君と恒例の阿波踊りに行きました。
去年は、次男も行きましたが、今年は都合付かなかった。
行く途中、「福良マルシェ」さんから、追加注文配達しました。
N君は、あまりの観光客の多さにびっくり。
阿波踊り会館に行き、観光協会さんで、阿波踊りの今年のポスターいただきました。
全国から、阿波踊り好きが、来て盛り上がります。
淡路島の島まつりと規模、熱気が違います。
長男が、3歳の時、本物の阿波踊りを見に行き、喜んだから、毎年いきました、そのうちに僕が、はまってしまい、今年で24年連続行ってます。
祖母が、阿波の出身なので、血が騒ぎ、遺伝子が目覚めた?
たかが、踊り、されど踊り。
祭りは、日本人だけでなく、白人の男性がすごいテンポで満面の笑顔で踊ってました。
標準サイズのプードルを連れて来た人もいました。
いろんな人が楽しんでるのが、祭りの面白いところです。
とにかく、みんなが楽しい。
さすが、本場の阿波踊り。
 阿波踊り1.BMP 阿波2.BMP
阿波おどり.BMP にわか連.BMP
阿波踊り夜景.BMP プードル.BMP

西宮、産直・オマーノ

知人が、4/29日、阪急宝塚線、甲東園駅前に産直のお店をオープンしました。
当社の商品も販売して頂いてるので、見学に行きました。
淡路島の野菜を中心にこだわりの上質の商品のみ販売していました。
近くに、関西学院大学があり、帰りの電車は、学生でいっぱいでした。
オマーノ1.BMP オマーノ2.BMP
オマーノ3.BMP オマーノ4.BMP
オマーノ5.BMPオマーノ6.BMP

国分寺

三原町に、国分寺という由緒正しいお寺があり、行ってきました。
奈良時代(天平時代741年)、聖武天皇によって建てられたそうです。
流行り病を鎮めるために全国に建てられたそうです。
本尊の釈迦如来座像は、国指定重要文化財に指定されています。
庭中央に、お釈迦様が、悟りをひらいた、菩提樹がありました。
国分寺1.BMP 国分寺2.BMP
国分寺3.BMP 国分寺4.BMP

諏訪神社

当社のすぐ近くに何故か、諏訪神社があります。
厚浜諏訪神社という小さいけど、由緒ある神社です。
約2000年以前より長野県諏訪湖畔に鎮座まします、「諏訪大社」の御分社の1つです。
諏訪大明神は、雨風を司る竜神信仰から発して、武家の守護神(武田信玄公の信仰が篤かった)、農業の守護神、海の守り神として、全国に1万余りの分社があります。
武田信玄公の一族が故郷を偲び、分社したそうです。
その親族から偶然聞きました。実は、当家も武田一族の末裔なので、偶然知り、何か見えないものに導かれたのかもしれない。
戦国時代最強の騎馬軍団「無敵武田軍団」は、信玄公の後、歴史から消えたはずでしたが、じつは、徳川家康が、結束力、忠義心、を認め密かに、各地で召し抱えたそうです。
家臣が君主、一族を裏切る時代に、武田一族は、「人は、石垣、人は城」というように、甲陽軍艦に記してます。
遺伝子工学の博士が、DNAが、何かのきっかけで目覚めると、信じられない能力が開花するらしいと教えてくれました。
以前、世界を旅行した人が、外国人には、「サムライ」の精神が宿る日本人が理解できず、本能的に怖がっていると。
サムライ、「武士道とは、死ぬことと見つけたり。」
葉隠れでは、死をおそれず、受け入れて、死を乗り越える。
「決死」とは、死を決意するうえで行動することにより、活路が開ける。
サムライは、常に戦場で、どう死ぬか?
最期の時、笑って死ぬ覚悟が遺伝子にあるかもしれない。
辞世の句を詠む、散り際を桜の花に重ねているのかもしれない。
切腹の作法を元服時に、学ぶのは、覚悟を決めて生きる武士なのである。
血が騒ぐとかいうのは、遺伝子のスイッチが入る前触れかもしれない。
諏訪神社2.BMP 厚浜諏訪神社1.BMP 
諏訪神社3.BMP

玉ねぎ

玉ねぎ畑で、ねぎ坊主の特大がありました。
その畑で「たで」という雑草見つけた。
紫の花の素朴な草です。
「タデ食う虫も好きずき」というので有名なものです。確か谷崎純一郎の小説の一節。
玉ねぎ坊主1.BMP 玉ねぎ坊主2.BMP
玉ねぎ畑1.BMP 玉ねぎ3.BMP

オリジナル商品のご購入はこちら
  • 社長の小ネタ集
  • お問い合わせ
PAGETOP