トップページ > 2019年
鶺鴒、発見!!

最近、当社の駐車場あたりで、見たことのない小鳥がいたので、買い換えたデジカメで撮って、詳しく調べたら、「セキレイ」(鶺鴒)」ではないかと。

どこかで聞いた名前でした、「くにうみ神話」にでてくる鳥でした。

「おのころ神社」に、詳しく説明した立て札がありました。

イザナギ、イザナミの神様が、つがいのセキレイが止まり、夫婦の契りを交わしている姿を見て、夫婦の道を開かれ、国生みをされたと言われています。

また、このセキレイのしぐさが、神前結婚式の三・三・九度に受けつがれています。

縁結びの起源としても有名です。

 

 

 

 

【コラボ・メディア紹介】からあげクン 玉ねぎしょうゆ(淡路島ソース)の発売

 

2019年6月4日(火)全国のローソンにて「からあげクン 玉ねぎしょうゆ(淡路島ソース)」味が

発売いたします。尚、対象商品「淡路島ソース 旨味」は以下からお買い求めいただけます。

http://www.hamadaya-honten.jp/shop/products/detail.php?product_id=74

おかげさまで、神戸新聞、Yahoo!ニュース、LINEニュース、スマートニュース等に掲載いただきました。

【コラボ・メディア紹介】近大×浜田屋のコラボ商品の発売

 

令和元年5月31日に近畿大学短期大学部と浜田屋本店がコラボした近大マグロ中骨だし入り「淡路島ソース 梅風味 令和」が限定発売いたします。

詳細は以下、近畿大学プレスリリースをお読みくださいませ。

http://www.news2u.net/releases/165851

おかげさまで神戸新聞、Kiss FM神戸で紹介されました。

神戸まつり!!

5/19(日曜日)、ゴールデンウイーク休めなかったので、気分転換に、三宮に行ってきました。

神戸新聞に、「ひょうご大古本市」が、17日から19日までと載ってたのを見て行きました。

駅に着いたら、すごい人でした。

「神戸まつり」でした。

パレード、特設物産展。センター街が、せまく感じました。

警察も、渋谷のDJポリスの様な感じの誘導案内してました。

とにかく、神戸が、盛り上がってました。

昼食は、センタープラザ地下の長田名物「ぼっかけ焼きそば」を食べました。

イベントは、今まで、展示販売する方でしたが、お客として楽しむのは、楽しい。また、来年も行きたい。

「神戸まつり」最高です!!

 

神武天皇ゆかりの史跡発見!!

最近、以前から、気になってた古い社、石碑がありました。

昨年、秋、突然、新設されて、神主さんと地元の漁業組合関係者がお祓いしていました。

神主さんに、詳しく聞いたら、初代天皇「神武天皇」が、日向(現在の宮崎)から、東へ、東征した折、鳴門海峡で遭難しかけたのを、地元、福良の漁師たちが、助けてくれた。

それを、記念して、神武天皇の母、「玉依姫命」が社を建てたと。

伝説の初代天皇「神武天皇」ゆかりの石碑、社が、あり、古代から、天皇家の領地、別荘などがあった。

まさに、淡路島は、高級リゾートの島だった。

【新商品】淡路島ソース入り しいたけ昆布の佃煮

2019年4月に

人気商品の淡路島ソース旨味を使用した

「淡路島ソース入り しいたけ昆布の佃煮」が発売いたします。

昆布はモチモチ食感の北海道釧路産厚葉昆布を使用、しいたけは国産を使用したこだわりの佃煮です。

 

淡路島ソース入り しいたけ昆布の佃煮の商品詳細はこちら

キャリア教育、地元小学生のデザインラベル!

昨年、兵庫県立大学生と安乎小学生6年生、18人が当社の「淡路島ソース旨味」のラベルを描いてくれた。

キャリア教育の研究、実習としてかたちになりました。

淡路島の字体、ラベルのデザイン、のびのびと描いてくれました。

最近は、小学生や中学生が、大人よりも発想、行動力あります。

時代の変化に対応するのは、若い自由な子供たちかも、しれない。

淡路島限定、約500本、マイマルシェあわ津名市場、御食菜菜館、美菜恋来屋で販売しています。

 

淡路サービスエリアで「淡路島ソース」好評!

淡路サービスエリア、(観覧車が、目印)で、当社の「淡路島ソース」が、好評販売中です。

去年、「キンキキッズのブンブブーン」で、ゲストの森山直太朗さんが、納豆にかけて、美味しいと絶賛してくれて、大ヒットしました。

そのおかげです。感謝。

淡路島の宣伝になればと、地道にがんばってます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

【新商品】納豆にかける淡路島ソース

2019年2月に

人気商品の淡路島ソースのシリーズ

「納豆にかける淡路島ソース」が発売いたします。

納豆はもちろん、卵かけご飯や冷奴にも合います。

納豆にかける淡路島ソースの商品詳細はこちら

いのししの狛犬!

淡路島の先山、千光寺には、狛犬の代わりに、イノシシがあります。

言い伝えでは、播磨の猟師が、大きなイノシシを追いかけて、明石海峡を渡り、淡路島の先山で、自分の放った矢が、千手観音様の胸にささっているのを、見て殺生を、悔い改めて、僧侶になったと。

その話を聞いた、当時の天皇、醍醐天皇が今の寺院を建てたという事です。

いのしし年なので、新年のお参りが、多いそうです。

オリジナル商品のご購入はこちら
  • 社長の小ネタ集
  • お問い合わせ
PAGETOP